[Java] org.springframework.context パッケージの説明

Spring 3.2.x Javadoc API」より引用

This package builds on the beans package to add support for message sources and for the Observer design pattern, and the ability for application objects to obtain resources using a consistent API.

There is no necessity for Spring applications to depend on ApplicationContext or even BeanFactory functionality explicitly. One of the strengths of the Spring architecture is that application objects can often be configured without any dependency on Spring-specific APIs.

このパッケージは、beans パッケージに基づいており、メッセージソースと Observer デザインパターンのサポートを追加します。 また、アプリケーションのオブジェクトが首尾一貫した API でリソースを取得することを可能にします。

Spring アプリケーションは、ApplicationContext や BeanFactory の機能に明示的に依存する必要はありません。 Spring アーキテクチャの強みのひとつは、多くの場合において Spring 固有の API に依存することなくアプリケーションオブジェクトを設定できることにあります。

Bookmark this on Yahoo Bookmark


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>